地域おこし協力隊の募集不適切対応により被害拡大 私たちに子供は授かるのか?

先ずは北海道の七飯町で起きていた行方不明事件が無事解決になって良かったですね。無事保護はなによりです。
土曜日に自衛隊の小屋に辿り着いたらしいです。食べ物は山菜採りできていたとしたら、それを食べて飢えをしのいだかも知れません。
どんな事があっても生き延びた事は、素晴らしくたくましい子ですね。ドクターヘリで運ばれるほど、緊急性があったのかは、賛否両論ありそうですがね。
まるで、お仕置きされた子がヒーローみたいな感じ?

一方、地域おこし協力隊不適切対応事件から妻の体調まで悪くなっている。

この影響は誰のせいだ?

不適切対応をしていることすら気づかないか、正当な対応とでも思っている喜茂別町の地域おこし協力隊採用担当の関係者?

それとも、応募をした私のせいか?

病院では、私も妻もストレスが原因なのでは?と言われています。

どっちが正しいのかは、別として健康被害が拡大していることです。

もしも、年内に私も妻も死んだらきっと成仏は難しいですね。

天国行きでも地獄行きでも地獄の鬼をやっつけるくらいの勢いはありますので、覚悟して下さい。

私は、地域おこし協力隊が生活保護の延長だといっている輩など相手にもしません。
住民や行政が上から目線で命令されても、正しいならば従うし、そうでなければ追及します。
当たり前のことですよね。人間なんだから。

隊員として上から目線で協力する勘違い輩でもない。
どっかの協力隊のように飲酒運転や大麻を栽培して捕まるような犯罪者でもありません。
不慮の交通事故により前職復帰が困難で、一度は自殺も考えるほど落ち込んで、そこから地域おこし協力隊を志すことで救われた命だから、
地域おこし協力隊をやりたいだけなのです


死ねばいいのに…はい!そうですね。人はそう簡単に死ねません。何かを悟って死を迎えるわけで
まだまだ修行が足りていないので生かされているとも教えてくれた人はいた。(生きている皆さんもね)

別に家なんて用意してくれなくても自分で不動産屋へ行って契約するつもりですし、給料だって無くても、活動できることくらい容易にイメージできています。そんな中、真面目に慎ましく生きて子供を授かり、明るく元気にのびのびと家庭づくりを田舎暮らしで実現させていく。そんな完全復帰を目指しては行けませんか?
おとなしく、やさシティ松戸に住んでいろとでも?

給料制でなくても随時適切な申請で受理されたものだけお金を頂くスタイルでも構いません。最低自給×時間給=業務委託として最低賃金保証とかね。(末締め一括申請)そうすると、たぶん16万もいかないでしょう。それでも税金の無駄遣いだとか文句や冷やかす人間が要るならば、とことんその意見を聞いて、どっちが正しいのか判断していただければ、問題が起こる方が難しいでしょう。ただ言いたいだけなのだから、きっと。

私は日本一の修理者になった経験から言えば、クレーマーは実は情の熱い人間だったり、熱狂的なファンであることが多い。
つまり、クレーマーを説得することができると、今度は暖かい心で接してくれる。私の実力なんて大したことではありません。
たまたまクレーマーが多く当たって、説得できるように真面目に努めただけです。その成果が日本一となっただけです。
つまり経営学や心理学を学んだ人なら聞いたことがあるでしょうけど、古いけどマズローでいうところの所属の欲求と自己実現の欲求なのです。

皮肉にも不適切事件のブログ記事書いてから急にアクセス数がふえたり、何なんでしょうね。日本って。不幸は蜜の味ってことなんですかね。悲しいですね。
予測もしていましたけど。こうやって記事を書いても伝わらないのが残念です。伝える仕事も地域おこし協力隊として重要な任務ですね。
後は運命に委ねます。判定は喜茂別町の採用担当者しか持っていませんから。99.9%駄目でも0.1%の可能性を待ちます。

最後におばあちゃんが教えてくれた「真面目に生きていれば何とか食べていける」これは本当だと思います。
不真面目にやっているどっかのエリートさんは、どこかの段階で地獄へ落ちて這い上がることのできない渦に
巻き込まれていくことでしょう。逆に真面目に生きていれば、どんな逆境があっても正しい道へと導いてくれるという
信念があり、それが私のエネルギーとなっています。レッグプレス200kgを片足で持ち上げるくらいにねw

体力面は強化できているが、メンタル面はまだまだを修行不足である。事件が起きたくらいで不眠続きで頭痛や胃から食道に向けて胃酸が逆流している感覚があります。調子が悪いので今日も病院へ行ってきます。来週の北海道の視察までにはしっかりと体を調整しとかないと!
心の傷は言えないけど、いつまでもクヨクヨしても良くない。自分を痛めつけている。無理している。
改めて、自分がどうしていきたいか整理ができたので、この辺で連日の記事の件は、一旦?終わりにします。
お騒がせして申し訳ございませんでした。まだまだ半人前ですが、これからもどうぞ宜しくお願い致します。
次回は「日本死ねではなく、日本輝け!未来に幸あれ!地域おこし協力隊!」をお送りいたします。
次回の記事更新は北海道の視察後にしますので、また来週!


[PR]
by kazu20160401 | 2016-06-03 10:50 | 地域おこし協力隊

ありのまま前へ突き進め! やるぞ!地域おこし協力隊! 田舎暮らしの定住定職を目指して… インスタグラムはこちら⇒ https://www.instagram.com/kazu20160507 です。