衝撃画像!南富良野の水害。そこからのイイ思い出作りパート2 後編 地域おこし協力隊とのコラボによる、ボランティア活動

b0363804_20072696.jpg


現場は衝撃的な光景が広がっていた。泥がどんだけ!と思うほどセンター内に入っていた。

b0363804_20000256.jpg
ダメージが大きい南富良野町高齢者生活福祉センター・くるみ園


b0363804_20012828.jpg

廊下やロビーも酷い状態


個室も酷い。

b0363804_20040452.jpg

b0363804_20054084.jpg
b0363804_20063488.jpg


各個室部屋も冷蔵庫が倒れていたり、泥がそこら中に2,3センチ積もっていた。

まだ乾いていないのが幸いである。乾いていたら取り出すのがさらに困難になるだろう。

大自然の力に対して人間は無力と言っても過言ではない。

大量の雨だけで、川が濁流し、木を根こそぎ破壊しながら土砂とがれ木が流れていく。

そのパワーは凄まじいものである。


b0363804_20084497.jpg
b0363804_20095821.jpg

これは、かなやま湖の写真です。茶色く濁り、土砂とがれ木だらけである。

盆休みの時、キャンプへ行ったが、青い湖だったのに酷い状況である。

南富良野町は堤防決壊による水害で甚大な被害を受けた。農作物や家屋、加工場の被害を受けた。

人参工場やじゃがいも工場など第一次も第二次産業も被害が深刻である。

産業再生のお手伝いとして

地域おこし協力隊の皆さん!今こそクラウドファンディングを発動すべきだろう。もっとも南富良野の役場の上司の方や地域おこし協力隊のやる気にかかっていると思いますがね。

そして地域おこし協力隊として町の修理をして貢献し、定住を町民から認めてもらえるといった本来あるべき姿と地域おこし協力隊の知名度は一気に上がるチャンスだと私は思う。

隊員のリサちゃんや他の隊員たち!ファイト!

b0363804_20045218.jpg

一日で全部取りきれる量ではなかったが、廊下とロビーの泥はほぼなくなった。

これぞ協働なのでは?と思った。私が千葉から来たと言うと驚きと感謝され

私的に、困った時はお互いさまだし、私は地域おこし協力隊になりたい人間なので、町の修理というのが、まさにやりたいことだったのでやりがいを感じているし、イイ思い出になっていると話した。



[PR]
by kazu20160401 | 2016-09-02 20:44 | 地域おこし協力隊

ありのまま前へ突き進め! やるぞ!地域おこし協力隊! 田舎暮らしの定住定職を目指して… インスタグラムはこちら⇒ https://www.instagram.com/kazu20160507 です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31