北海道シリーズ 最終章 北海道熱愛者 なんちゃって0円地域おこし協力隊

ワードで12ページ分、第6~10章分くらいありますw

長文なので興味ない方はスルーでお願いしますw
約4000字ありますwだるい方は、

そのまま見逃しちゃってくださいなw


富良野生活50日経過し、体験実習ならぬ兵隊奴隷、不法侵入被害、車上荒らし事件、水害避難勧告・・・実習の怪我と妻の病により帰ることを急ぐ必要性があったのだが、私の手の痛みは徐々に減ってきているものの痺れは相変わらずであり
帰るにも帰られない状況が続いている。
幸いにも高級メロンを贈って、クイックキュアー効果があったのか?w妻の容態も奇跡的に危機を脱しつつある今・・・
油断は大敵だが、落ち着いてやれることをやっていきたい。
さっさとPETボトルだかなんだか知らんけど

PET検査を受けてもらいたいね。

これだけ酷い目にあった私でも、どうして・・・どうして?北海道にこだわるのか?

それは私が北海道愛国者?だからである。ヒトラーかw

いいえ、違います。熱狂的ファンであるからだ。
田舎の排他的な人間や陰湿人が私へ邪魔や私を裏切っても、
食べ物は裏切らないし美味しさを知っているし、
全員がそうじゃないと信じているからである。

田舎の厳しさがあっても、そんなに甘くないと言われても
良質な環境、健康、愛情、人と人との繋がり合い・・・これらが長続きする幸せとして考えた時に私の考えにマッチしているからである。

何度も失敗して敗れたとしても、自分に打ち勝ち、自分を見失わなければ生き残れる土地だと感じている。
それが自分に負け、見失えば、闇のパワーを手にし、悪に悪をもって制すこともあるかもしれないw

いろんな事を受け入れ乗り越えて、今度はおばあちゃんが他界。
相手と過去は変えられない。変えられるのは、未来と自分である。

いくら北海道を愛しても、道民に愛されなければただのストーカー扱いか都合のいい女wじゃなくて兵隊扱い(農作業員→兵隊→奴隷)で終わってしまう。
このままずっとストーカー扱いまでされて、私が北海道にこだわるか?と言えば

答えはNO!である。

つまり、私の得意スキルである予定調和!(こうやればこうなるだろう的な)「見切り!」発動!!←マックスむらいかwパズドラかw

ワンハンドステアリングでは、長距離ドライブにリスクを伴う。予定調和も長い時間やっていくとイレギュラーが発生する。←頭文字Dのホンダs2000に乗っているやつかwって何の話だよw→手が怪我して片手運転って話ねw=帰られない。

話は戻して、見切りつけて、別のエリアを模索していく可能性もゼロではなくなった。

北海道に対する愛情は、期限として今年いっぱいになるだろう。
今年精一杯チャレンジして駄目ならば本道撤退。
つまり今年中に変化が持てなければ、私は北海道へ移住や定住することを諦めるだろう。←うざいから早く諦めてくれーってかw

でもね。意外と私はしぶといですよwなんせ日本一を取った人間なのでw鬼の中島水産。ドケチのちよだ鮨にいたこともあるんでねw
そもそも家電出張修理で日本一を手に入れた職場を退職してまで、やってきているので、それ以上の価値が北海道に存在していると
私自身が認めて選択しているわけで、そう簡単に引き下がるわけがないw

ただ現状の劣悪な状況や流れ、話を聞いていると、何だか真剣に立ち向かっているのが馬鹿らしくさえ感じます。ただ諦めてはいけない。

農業担当の役場の人は、どの役場に聞いても、たいていこういうのである。
農地は、あまりないですけど、新規参入は受付ています・・・と
農地は借りられるケースも、ほとんどそういった風習がなく、離農された農地は
既存農家の規模拡大に優先される。じゃー募集するなよ!w
そんなのありですか??って思う。それだったら長野や千葉でいいべw

富良野のように担い手センターを作って、なんちゃって受け入れをやっているところは、まだマシなのかもしれないけど、そういった機能すらない町もあちらこちらに存在する。

北海道の農業に憧れて出鼻を挫かれてしまうブラックホールパート2であるw

地域おこし協力隊の隊員もきっと同じ心境だろう。やりたい事をやりたくても
満足にやらしてくれない。予算もつけてくれない。
そりゃーそうだ。活動費を別に流用しているだろうからね。
言って見れば、農業に憧れて実習に来たものの
農業担い手としての機能ではなく、軍隊のような兵隊さん呼ばわれの扱いと一緒だと言っても過言ではないだろう。

北海道の合理主義者は、間違いなくそうしているはずだ。
内地から人を入れればお金が入ってくる。なんて思っているだろう。
しかも、名ばかり慈善事業と思われても仕方ない数々の失態。責任の所在がはっきりしない現状。だから、どこの隊員も何をしているか実態がつかめにくい状況が続いているのである。

いいのかなぁ・・・そんなんで。

成功事例の横の展開をもっとオープンにして、推奨すべきである。

私も仕事では月間CS賞の常連者だったので、私のやり方、スキル、全て研究されまくった。当たり前のことを当たり前にやっただけだけどねwしまいには道場長までもが勉強させてくれと言って同行されたこともあった。イイやり方は真似すべきであり、うちに合わないと思わないで、合わせるようカスタマイズさせ柔軟な対応とオリジナリティーを出すことが必要だと私は思います。

まぁ頭が硬いから無理かw

管轄外なので・・・w手が出せないので・・・w道庁の最初のメールの文章
「日頃から本道の移住施策に御理解と御協力を賜り厚くお礼申し上げます。」テンプレかw ペースターでも使っているのかw

くそー俺の体がもう少し言う事を聞いてくれれば、また展開は違うのだろうけど。
今できる範囲での活動で知恵を授かり、今後の早い展開に備えて
一気に動き出すしかなさそうだ。

私的に北海道移住のための作戦は5本用意したw

あと4本残っているw千葉へ帰宅するリハビリの一環として

4本とも遂行して帰るつもりだw

私は20代のような若者ではないので、
展開は、早い方がいいのである。
もちろん、適当に選ぶわけでもなく、
確実に良い判断を下しながら進める早い展開が望ましい。
早い展開で急成長するしか、私の北海道において生き残る道はないのだ。だから勢いを大事にし、全力で突っ込む!

それがもしも、青二才だとか面倒な奴とか罪深いというならば、今のやっている貴方達の内地の人間を北海道へと餌をばら撒いて誘い、都合のイイように扱う!偽善おまま事の方が大罪であると私は思う。
若者たちが失敗しまくり、騙され、いいように使われ、利用され、
時間やお金を無駄に費やす。中途半端なフルコースだから
税金の無駄遣いと住民から言われてしまうのだ。

年配の方の年金暮らしや第二住宅やのんびり田舎暮らしとは、わけが違う。
子育てを迎えたり、仕事で稼いで家族を支え、生計を立てねばならない。

農業だけでなく、「我々は日本の未来の担い手である!!」政治家かw
世代交代である。老いては子に従え!ってあるように
農業を継承して子孫繁栄、家内安全、移住者を手厚く受け入れてくれれば移住者だって、気持ちよく仕事できるし、いい仕事が生まれる。
いい仕事ができれば町にも良い活気が生まれる。
その連鎖が広がれば、自然と注目され、人口が集まっていく。
そうだと思わないのかな????????
兵隊ではない。隊員であり隊長である。

いいですか!こっちは子育てステージとして
時間的に切羽詰まっているんだ!
真剣に移住や定住を考えているんだよ!

曖昧な態度、いい加減な対応、理不尽な決定、責任転嫁などの対応は失敬極まりない!恥を知れ恥を!!200kgの蹴りかまさないとわからないのか?舐めんなよ!

口で言って解らない者は、ガトツでもかませば解るのだろうか?
いや、そうじゃないだろうw・・・だろ?

元の先祖は皆一緒。出身者歓迎や女性歓迎なんて古いんだよ!
※お互いに認め合い、尊重し、私たちが積極的に貢献や協力し、地域が受入や継承を望む者・・・

それこそが、未来に存続できる市町村ではないだろうか?

それが解らない私利私欲だけの蔓延る奴らは、

町から消え失せろ!!俺はこじきのおかゆ(中身のない)ではないぞ!しっかりと具だくさんの料亭並みの高級おかゆにして返してやる!

そんな私に清き一票を宜しくお願い申し上げますw


北海道×移住者×定住者=農業と六次化推進、TPP攻略実行委員。

これが人口過疎化における私的な対策であると考えます。


魅力のある者が集まり、眠っていた魅力を磨きだして

一皮むけた移住者と住民たち・・・魅力+魅力=超魅力w

魅力に満ち溢れれば、若い女性だろうが、超イケメンだろうが
自然と集まってきますよ。

言い訳や能書きは要らない。とりあえず動けよ!

女性が居ないから女性が来ないんじゃないってことだ。
そう思いますよね。いやそうに決まっている。

仲間なんて簡単に作れるんだよ。ネットがあるんだし。

フェイスブック9月から本格稼働しているけど

もうすぐ1000人超えます。年内に5000

いや1万人へ向かうかもしれない。

どうです?田舎の過疎地の全人口を上回る数。私が指揮をとり導いたら、どうなるでしょうか?怖がる者はお門違いですね。

私の考えが全員に受け入れられるとは思っていませんから

リアル友人も加わり、8世代構成の組織が出来上がったら

どうなりますか?貴方達のように勘違いして権力を間違った方向に振りかざしていたら追い出されるのが目に見えています。

言っときますよ。これ最初で最後ね。私は、やられたらやり返します。ボヤボヤしていられませんよw悪人の越後屋さんw
はい!論破w
皆さんはどう思いますか?

次世代開拓民を目指す、自称なんちゃって地域おこし協力隊のはせちゃんがお送りしましたw
ご意見、ご感想、クレーマー、冷やかし、
どしどしお待ちしておりまーーすw



[PR]
by kazu20160401 | 2016-09-13 10:37 | 北海道シリーズ

ありのまま前へ突き進め! やるぞ!地域おこし協力隊! 田舎暮らしの定住定職を目指して… インスタグラムはこちら⇒ https://www.instagram.com/kazu20160507 です。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31