カラスに注意!

今日はリハビリワークの帰宅中にカラスに襲われてしまった。
どうやらカラスは子育てシーズンのようで、通行人を警戒している。
かぁかぁと泣きながら顔面の横を猛スピードでやってきた。
そのままだと目か頭を怪我すると判断し、わざと転倒した。
左足すり傷で済んだが、再びカラスは旋回して、またこっちへやってきた。
頭にきたので、砂利をわしずかみにして思いっきりカラスめがけて投げ込んだ。
見事命中し、逃げて行った。皆さんもカラスはいきなり襲ってくるので
気をつけて下さい。




[PR]
by kazu20160401 | 2016-05-24 18:12

もうすぐ母の日

b0363804_17063030.jpg
もうすぐ母の日なので、妻に可愛いプードルアレンジをプレゼント
[PR]
by kazu20160401 | 2016-05-06 17:07

真夏日

昨日も今日も半端なく暑い。今日は室温が30度を越えた。昨日の朝は雨降っていたけど晴れたので、イベントへ出掛けました。強風でテントが飛ばされそうになるも開催していました。イベントのレポートは後日書きます。この時期の紫外線は強烈です。日焼けして赤くなってしまった。皆さんも気を付けて下さい
[PR]
by kazu20160401 | 2016-05-05 23:41

今日で2つの病気リスクに打ち勝った!!
本日、消化器内科の診察に行きました。3年前の交通事故で鎮痛剤の長期服用により、便秘が悪化し、
薬剤性腸炎というもので、1年半前に下血を起こしたり、初めて救急車に運ばれたりするケースが発生しました。
というのも憩室炎の疑いと逆流性食道炎の疑いで治療を1年半以上通院している病院です。
これは交通事故と因果関係があっても、労災にはならず、自費で通っていました。
悔しかったですよ。不可抗力な事故をもらって、好きでもないのに
休まなくちゃいけなくて、仕事ができないから迷惑をかける。
なんで私が謝らなきゃいけないのか?とか色々。
そんなストレスも重なったんだと思います。私の短所は、無理をする事です。落ち込むと考え込みすぎてしまう事です。
これも対処方法が解りました。心理カウンセラーを伴走者として一緒に解決の糸口を探り、一緒に走るんです。

地域おこし協力隊に参加しようと考えたとき、ハードルになるだろうと思っていた
心身共に健康であるという応募資格条件を少し気にしておりました。
もちろん社会復帰を果たす点では、お腹の調子や胃の調子、食欲は重要です。
特に消化器内科は、健康面で一番心配であった。大腸内視鏡検査や胃カメラも
正直言って無理やり空気を入れて膨らませて見られるので、痛いし、嫌な検査である。
本日の診察では、驚きました。快方に向かっているので次回の診察は無し。薬もなくても
大丈夫でしょう。ただ整形外科の薬と心療内科の薬を飲んでいるなら、便秘になりやすいから
調整して飲むと良いでしょう。との事。

北海道に行く可能性が高い旨を説明し、北海道の病院へ渡す検査データ等は必要なのか伺うと
今は全く問題ないから、必要ないと言ってくれた。
しかも、書類に書く、既往歴に関して尋ねると、別に再発を繰り返していないし、
手術や入院しているわけでもないし、進行性のものはないので
書いても便秘くらいで、その便秘も解消しているわけだから
書かなくても大丈夫と言われました。
大きな病院で言われるのは安心感が数倍違います。

一般的に人気ある大きな病院では、診察時間なんて4分くらいです。
ただ重要なのは、症状の要点をしっかり整理して伝えたり、
質問事項があるなら前もってしっかりと整理しておく事です。

ともかく憩室炎の疑いも食道炎の疑いもなくなった。
だからと言って油断は禁物である。憩室(腸にポケットができる)は一度できると
もとに戻らないらしいです。食道炎も早食いや刺激物の大量摂取は避けるべき
生活習慣をこのまま維持していれば問題ないらしいです。

残すは、闘病と戦うので重要なのは、意外と知られていないと思いますが
医者の言う事に反発することらしいです。変な意味で反発するのではなく、
たとえば、ある人ががんですと言われました。その時、
①あー私はがんになってしまったんだと悲しむ人
②がんだけど戦っていこうと頑張る人
③私は、がんと言われても認めないよと反発する人

これはある統計データーによるものですが
闘病生活で一番長生きしている人は
なんと③です。次に②、その次が①です。
ちなみに私は③でした。
私の闘病生活ももうすぐ終わるのかなと思っています。
残りは、整形外科と心療内科です。

心療内科では、事故によって生じた疼痛軽減による意欲低下を防ぐために、サインバルタを飲み、
ナインティーナインの岡村も診断されている双極性障害Ⅱ型というある脳内物質が正常にコントロールできていない事で
起きる軽いそう(テンションアップ)と軽い鬱(テンションダウン)を繰り返す、
気分安定薬を処方されていた。これは厄介なのが双極性障害Ⅱ型は完治しないらしいです。
しかし、私的にはそんな事は認めておりません。減薬、断薬は慎重にやっており、今度4月30日に診察があるが
生活環境の改善に北海道生活は良いとの判断だったから、これも安心である。

交通事故の怪我の快方も向かっている。
昨日の整形外科の診察では、私の体力はトラムセット薬による治療(無理やり痛みを抑えて動く)で基礎代謝が1750あるので、
学生の野球選手ピッチャーレベルくらいらしいです。えぇえええええええ!と思うくらい驚きました。
体力は二十歳前後あるということは、まだまだいけるな!!って勘違いしてみたりW

基本的な体力は戻っているし、首の痛みも多少残るけど、もう少しリハビリワークや調整をすれば
余計な力が入らなくなって、痛みが出にくくなって薬も減らせるだろうとの事。
足に関してはトップアスリート並みだし、地域おこしで農業もやっていけると思うと言われた事が
凄くうれしかった。後は事故前の70キロ前後の体重に調整していけば全てが準備万端になる!

闘病生活は、治らない病気があったら、
①いかにしてその病気と前向きに付き合っていくか?
②やれることは、全て試し、最善を尽くす事で何かをつかみ取ることができる
そういう経験をした39カ月でした。

現在週20時間のリハビリワークをやり、出席率は50%。もう少し調整は必要だが
完全回復まであともう少し!ここで調子に乗らずに、しっかりと前を見て突き進むぞぉおおおおおお!!


[PR]
by kazu20160401 | 2016-04-28 11:49

b0363804_07393723.jpg
驚いた。このブログ開設は今年の4月1日から開設したばかりなのに、ブログランキング1位になりました。
これで過去の仕事していたある会社も少しは驚くのかもしれません。「勝って兜の緒を締める!」っていうと
きっと会社の人間は、あーあの侍!営業部長と思いだすことでしょう。私が少しだけ働いていた集客や告知に強い
会社です。あの当時は母親の介護と仕事の両立で、大変迷惑をかけてしまいました。しかし、その後もデザイン事務所の時も
会社へ伺ったりして、コラボレーション企画を提案しに伺った事があります。

その創業者は私よりも一つ下の年齢で、海外大学の主席で頭の回転が凄く早いです。
インターネット広告のスペシャリストです。
私が辞めてからも、フットサルコミュニティーで一緒に遊んだりしていました。
今頃何されているんだろう?いつ柏の葉に戻ってくるのかと待っていましたが
きっと、まだ小田原で生活しているのだと思います。

現在は隠居され、個人事業主として脳みそに汗をかいて稼ぐ力に秀でている方です。
私に提携パートナーの獲得を任された時、飛び込み営業は非効率だからなし。という条件で
1か月どれくらいとれるか頑張った事があります。
私のその時とった手法は、限られた時間の中で、提携パートナーを多く獲得するには、
①興味を持って頂く内容の企画を案内する。
②全国にメールでアプローチする。
③興味をもたれた方には提携の手続きを送る
④詳しく話を伺いたい方は会社に来て頂く。

こうすることで1カ月で54社獲得したことがあります。

このやり方は、地域おこしにも応用ができる気がしています。

現在創業者は隠居されておりますが、会社は、存在しております。その会社のサイトはこちらです。↓
http://www.seiloo.co.jp/

[PR]
by kazu20160401 | 2016-04-28 10:43

昭和・平成の大合併から地方消滅へと囁かれている日本は
緊急事態と言っても過言ではないと思う。マイナス金利やマイナス成長・・・
数式で言えば○-(-○)=カッコが取れてプラスになり◎になるかもしれませんが、
地方は衰退というレベルは通り越して、消滅に向かって確実に進んでいる。
市町村が次々と日本地図から消えていくかもしれない。

それで困るのは誰でしょうか?都市部に住んでいる人も
他人ごとではなくなる日がいつかやってくるかもしれないと私は思います。
国産品がなくなって困るのは誰でしょうか?

特に北海道に関しては、これから地方創生の中でも一番注目していかなければ
いけないと思います。破綻した夕張市の現在の市長を私は尊敬しています。
バックに石原さんが応援しているのも凄いですが、一人一人挨拶回りに行った内容の書かれた本は
感動致しました。諦めずに立ち上がる。
特にやるか?やらないか?やらない理由が見当たらないという言葉好きです。

その作り手や生活する人がいなくなれば、ますます輸入に頼らざる得ないと思います。
北海道は農産物、畜産物で数々の日本一の生産量を誇っている。しかし、奥山から里山へ降りてきて
農産物被害でも日本一である。荒らす原因は人間の生活領域に動物が入ってきたからである。里山という中間的な生活領域が減っており
イノシシやシカが食い荒らし、ハンターの人数も減っているそうです。機会があれば私もハンターをやってみたいです。
逆に言えば里山を再生すれば降りずらくなる。そういった意味で集落などの地域おこしも重要になっていると
思います。



[PR]
by kazu20160401 | 2016-04-24 12:00

私の心構えは、近隣の方と上手に付き合えるか?町のルールを確認する。
イベントや行事の参加や役割などもチェックし、ルーティン化できるかイメージする。
買い物、病院、学校、子供いませんけど育児等の私生活もイメージ構築する。

収支イメージや農業の営み方、万が一身体的に農林水産業が困難な場合や雪で農業ができない時、
やっていける仕事も考えておく。私の場合は、おそらく札幌の修理のコールセンターだと思う。

リアルなキャッシュフローも考えて、生活していけるかも予測する。現金はいくら必要か?
月々の支出はいくらに設定するか?定住する際は、賃貸にするのか?購入するのか?
ツアーに参加したり、空き家物件の見学や生活インフラ見学、有機農場見学などしておく。
実現するか別としてだいぶ先の話だが、二地域移住による生活も考える。

具体的な起業や副業、ある程度の改修や片づけ等のスキルアップしておく。
特に住環境は私的には最重要事項である。

地域おこし協力隊にもし書類選考に選ばれると面接は直接現地に行って
面談をするため、飛行機のチケットはどうやってとっていくかも
考えておかないと微妙である。

もしも地域おこし協力隊として選ばれたら、引越段取りが重要になってくる。
業者に任せる部分と、千葉から車を持っていく際は、大洗フェリーで車ごと船で移動する。
引越代が噂の情報だとピーク時が120万円って高い。見積予測は30万前後とみた。
住まいの事で自治体が用意してくれる物件は、どんな物なのか?詳細も確認する。

勤務日の調整も大事になるし、現在の仕事も有給消化して退職手続きを取り
引越に向けての準備を進める。公共料金の手続きや転出手続きを行う。

現地に到着したら、挨拶回りをしつつ、転入の手続き、各種住所変更手続き、基本の生活体制を整える。

そんなところかな…しっかりとイメージして段取り良く進めればスムーズにきっと行くだろう
これを予定調和といいます。自分自身で思考し現実化するように動くと、その通りになったりします。
もちろんその通りにならないことも多々ありますがね。

たとえば、日本一の出張修理者になると決めたときは、どういった予定調和を組んだかといえば
まずお客様の満足度を獲得できるように最善を尽くす。
次に月間CS賞を何カ月も連続で取れるように頑張る。
次に部長賞や優秀賞を取れるように頑張る。
最後に最優秀賞を取れるように頑張る。
その通りイメージできていたので達成することができた。

今度の北海道移住計画に関しても
地域おこし協力隊で定住定職をできるように頑張る。
次に業務に対して積極的に取り組んで、自主的に提案していく。
最後は定住定職が確定し、任期満了したらOBに回り、アドバイスや
自己啓発活動に努めながら豊かに楽しく面白く幸せに暮らすと言った設定である。
突然のトラブルで一番気をつけなければいけないのは、交通事故と病気である。
都会のストレスとは別のものがあるだろうけど、私的には都会のストレスは結構きつい。


地域おこし協力隊で活躍されている方へ

こんな感じでどうでしょうか?少し考えすぎ?それとも十分ですか?

[PR]
by kazu20160401 | 2016-04-24 10:31

豆苗は誰でも簡単に作れる再生野菜である。
b0363804_13103614.jpg
エンドウ豆の種が発芽したものであり、元々中国では高級食材だったそうです。買ってきて最初はサラダで食べて、再生野菜は炒め物や汁物に入れて食べています。

農業や菜園でも間引き作業で摘み取った苗を食べられている方も多いのでは?と思います。私もそうなのですが農地や菜園、ベランダ菜園等を持っていない方たちは、再生野菜を作ってみては如何でしょう? ダイエットに節約に新鮮な美味しさに一石三鳥だと思います。

ポイントは、水の入れ替えと量だけです。根っこの部分が水に浸る程度で1日最低1回交換します。私は朝と夕やっています。

私的な品質向上としては、水道水ではなく、純水を使い、
2、3日後に、肥料としてビタミンサプリを朝に入れて夕方に水を入れ替えています。そうすると早く育ちました。
次はレタスもやってみようと思います。
私的に好きなのは、サラダやピザに入れるベビーリーフです。

このように再生野菜を最近はリボーンベジタブル略して
リボベジと言われております。

[PR]
by kazu20160401 | 2016-04-11 13:08

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by kazu20160401 | 2016-04-10 05:55

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by kazu20160401 | 2016-04-09 19:41

ありのまま前へ突き進め! やるぞ!地域おこし協力隊! 田舎暮らしの定住定職を目指して… インスタグラムはこちら⇒ https://www.instagram.com/kazu20160507 です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31