<   2016年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

地域おこし協力隊の募集要項を見ると
どの自治体でも必ず見かける項目として
心身共に健康である方というのがある。

そして応募する際のエントリーシート等でも
健康状態とか既往歴というものがある。

私的には少し心配していたが、各医者へ相談してみた。

私の健康状態はどうかというと、良好です。
スギとヒノキの花粉のアレルギー持ちですが、薬で安定しています。

交通事故の怪我の状態は、だいぶ回復し、手術とかそういうのは全く必要ないので
後遺症障害にも該当していません。整形外科的にも、症状が落ち着き、だいぶ回復しているので、
地域おこし協力隊に行っても問題ないという回答を頂きました。

我ながら凄く嬉しい事です。痛み止め等の減薬にはもう少し時間が必要だが
現地入りの頃には、ほぼ必要としない可能性もあるとのこと。
セルフケアを頑張ってきた努力が実った。

一方、心療内科は、一般的に精神的な疾患があるのかどうかマイナスイメージを持つ方も多い。
クローズしたまま挑む方が多いという。
詳しく先生に伺うと、私が心療内科へ行ってみた理由が自律神経の乱れと痛みが持続的に続いて、
セロトニンという物質が不足してしまう現象に対し、疼痛軽減の為に通院しているので、
特に精神疾患ではないとのこと。一時、双極性障害Ⅱ型の疑いがあったものの
症状該当が変化しているので、特に問題ないらしい。
こちらも減薬が進んでおり、北海道現地入りの頃には、セルフケアのみで済む見込みが出た。

消化器内科は、先日の28日の診察を持って治癒扱いであり、既往歴では手術や入院、投薬治療をしたわけでも
ないので、書く必要でもないレベルで済んだ。

ということで、2013年1月17日14時15分の不可抗力な交通事故から様々な地獄を味わって闘病生活が続きましたが
それも、ようやく終わろうとしている。
私の既往歴はせいぜい花粉症くらいである。なので地域おこし協力隊へ参加の準備も着々と進めている。

私は今年で38歳になる。体力的な面で若者に負ける気がしないし、
もし私が負けていたら、その人をメンターにして追いつけるように頑張る構えだ。
地域おこし協力隊になった後も難関が待ち受けているだろうけど、
交通事故からの奇跡の復帰に比べれば、苦じゃないと思う。
今の私は、何でも乗り越えられる気がしている。

38歳の基礎代謝は1485kcalが年齢相応らしいが
私の基礎代謝は、1750kcalである。これは約3年間頑張って運動療法をした結果
増えてきた数値である。ジムのスタッフの若い人は、19~22歳で大学の野球部に入っていて
ピッチャーをやっている人間もいるが、彼は1800kcalです。
あと50kcal上げれば、私もその学生ピッチャー19歳と同レベルの基礎代謝になります。

何を意味するか?年齢は38歳になるが体力的な年齢は20代10代に負けないレベルということです。
交通事故を経験して思った事は、持久力と柔軟性と筋力があれば、怪我のハンデを補えることになり
自信もついてくる。ある日、片腕のない女性のスイマーを私は見たとき、彼女の泳ぎは足がイルカのように
動いて泳ぎが速かった。まるで人魚である。それを見た私は、こんな事故くらいで自分に負けている
場合じゃないと感じ、ストイックなトレーニングを開始した。結果は足で200kgの重さを
片足で上げられるレベルになってしまった。おそらく全国の地域おこし協力隊員で200kgを
足で上げられる人は、ごく僅かだと思います。そう書くと勘違いする方もいるかもしれませんが
私は、マッチョではありません。筋肉は膨らました後が重要で、引き締まって、しなやかに動く筋肉が
一番力が出ます。マッチョのようにただ見せるボディー的な感じで筋肉が張ってると力が出にくいです。
整形外科の先生曰く、マッチョは痛みに物凄く弱いらしいです。注射するだけで泣く人もいるとか。

ともかく今の体力があれば、農業の手伝いも地域おこしのイベントの手伝いもある程度は一般の人よりできるのではないかと
思っています。

だから!北海道の市町村の長さん!自治体の職員の皆さん!現在活躍されている協力隊員さん!義理のお兄ちゃん!おじいちゃん!おばあちゃん!道民の皆さん!
きっと私が選ばれし地域おこし協力隊員として、遅くとも来年の今頃までには、お伺いいたします。
その時はどうか暖かく迎えて頂きたいと思います。

まだ腕試しですが、現在、二地域応募中です。早ければ5月中旬までに一次審査通過し、5月下旬には二次面談を終え、6月中には千葉から北海道への引越を完了させ、
6月下旬か7月1日から協力隊員として本格活動開始になると予測しており、万が一落選しても来年の応募もしくは、近隣エリアの募集を待って挑みます。
それと採否関係なく、現地視察を兼ねて北海道へ行くことを今年の1月下旬に考え、既に飛行機もホテルも予約済みです。6月6・7・8日の3日間でやる予定です。
もし採用ならばその3日間で住居の間取りや寸法等を測定し、引越の段取りと新生活のイメージをやっていこうかと思っています。今日からカウントダウン開始です。

人は、あれこれ考えだしたり、先行きについて不安や好奇心とかいろいろあるけど、いま大事なのは
川柳で表現したいと思います。

忘れよう… 
欲も誇りも… 
ストレスも…

想定の範囲以内という言葉もあるけど、やっぱり楽しく考えることが重要だと思っています。
思考は現実化する…地域おこし協力隊員にいち早くなれる日まで、残り30日。一歩一歩切り開いて行くぞぉぉぉおおおお!!


[PR]
by kazu20160401 | 2016-04-30 21:06 | 地域おこし協力隊

b0363804_21232458.jpg
これは、今年の正月に私が作ったおせちです。冷蔵庫や冷凍庫に入っていた残り物をアレンジしたり、
江別の義兄からサーモンファクトリーで買って送ってくれた
いくらやサーモンを盛りつけたものです。(二人前)

栗きんとんは、実は焼き芋を潰して蜂蜜と水で少し煮込み、瓶入りの栗を入れれば即席栗きんとんです。
厚切り牛タンは切れ目を入れて焼き、カモのロースは切るだけw 所要時間は1時間です。
おせちは見栄えが大事で盛り付けが重要だったりします。

六次産業化のアイデアというのは、普段からアンテナを張ってないと中々生まれるものではないと
思っています。協力隊がいなくても六次化に熱心に取り組まれている方もいらっしゃるかと思います。
私の得意分野は、良い物を直ぐ吸収し、独自のアレンジをする事です。
それが気に入られるかどうかは、試してみないと解りません。
少なくとも、私はお寿司屋で2年修行したので、多少の事は、できます。
一昔前は、ブログで「おいしんぼお寿司の会」なんていうのを立ち上げた時期もありました。
私が作った創作寿司のレシピは、地方の居酒屋でも真似されて好評を得ていたので、少しはお役に立ったのかなと思います。

地域おこし協力隊になったらよそ者パワー全快!で、私ができる限りの事は最大限やるつもりです。
おっと、またまた話が堅くなってきたので、今日は川柳を考えました!
9つ考えましたので、今日は3つ紹介します。

よそ者 力を借りて 町おこし
皆さまと 夢を共有 町おこし
いつの日か 定住目指し 町おこし




[PR]
by kazu20160401 | 2016-04-29 23:14 | 第6次産業化

今日で2つの病気リスクに打ち勝った!!
本日、消化器内科の診察に行きました。3年前の交通事故で鎮痛剤の長期服用により、便秘が悪化し、
薬剤性腸炎というもので、1年半前に下血を起こしたり、初めて救急車に運ばれたりするケースが発生しました。
というのも憩室炎の疑いと逆流性食道炎の疑いで治療を1年半以上通院している病院です。
これは交通事故と因果関係があっても、労災にはならず、自費で通っていました。
悔しかったですよ。不可抗力な事故をもらって、好きでもないのに
休まなくちゃいけなくて、仕事ができないから迷惑をかける。
なんで私が謝らなきゃいけないのか?とか色々。
そんなストレスも重なったんだと思います。私の短所は、無理をする事です。落ち込むと考え込みすぎてしまう事です。
これも対処方法が解りました。心理カウンセラーを伴走者として一緒に解決の糸口を探り、一緒に走るんです。

地域おこし協力隊に参加しようと考えたとき、ハードルになるだろうと思っていた
心身共に健康であるという応募資格条件を少し気にしておりました。
もちろん社会復帰を果たす点では、お腹の調子や胃の調子、食欲は重要です。
特に消化器内科は、健康面で一番心配であった。大腸内視鏡検査や胃カメラも
正直言って無理やり空気を入れて膨らませて見られるので、痛いし、嫌な検査である。
本日の診察では、驚きました。快方に向かっているので次回の診察は無し。薬もなくても
大丈夫でしょう。ただ整形外科の薬と心療内科の薬を飲んでいるなら、便秘になりやすいから
調整して飲むと良いでしょう。との事。

北海道に行く可能性が高い旨を説明し、北海道の病院へ渡す検査データ等は必要なのか伺うと
今は全く問題ないから、必要ないと言ってくれた。
しかも、書類に書く、既往歴に関して尋ねると、別に再発を繰り返していないし、
手術や入院しているわけでもないし、進行性のものはないので
書いても便秘くらいで、その便秘も解消しているわけだから
書かなくても大丈夫と言われました。
大きな病院で言われるのは安心感が数倍違います。

一般的に人気ある大きな病院では、診察時間なんて4分くらいです。
ただ重要なのは、症状の要点をしっかり整理して伝えたり、
質問事項があるなら前もってしっかりと整理しておく事です。

ともかく憩室炎の疑いも食道炎の疑いもなくなった。
だからと言って油断は禁物である。憩室(腸にポケットができる)は一度できると
もとに戻らないらしいです。食道炎も早食いや刺激物の大量摂取は避けるべき
生活習慣をこのまま維持していれば問題ないらしいです。

残すは、闘病と戦うので重要なのは、意外と知られていないと思いますが
医者の言う事に反発することらしいです。変な意味で反発するのではなく、
たとえば、ある人ががんですと言われました。その時、
①あー私はがんになってしまったんだと悲しむ人
②がんだけど戦っていこうと頑張る人
③私は、がんと言われても認めないよと反発する人

これはある統計データーによるものですが
闘病生活で一番長生きしている人は
なんと③です。次に②、その次が①です。
ちなみに私は③でした。
私の闘病生活ももうすぐ終わるのかなと思っています。
残りは、整形外科と心療内科です。

心療内科では、事故によって生じた疼痛軽減による意欲低下を防ぐために、サインバルタを飲み、
ナインティーナインの岡村も診断されている双極性障害Ⅱ型というある脳内物質が正常にコントロールできていない事で
起きる軽いそう(テンションアップ)と軽い鬱(テンションダウン)を繰り返す、
気分安定薬を処方されていた。これは厄介なのが双極性障害Ⅱ型は完治しないらしいです。
しかし、私的にはそんな事は認めておりません。減薬、断薬は慎重にやっており、今度4月30日に診察があるが
生活環境の改善に北海道生活は良いとの判断だったから、これも安心である。

交通事故の怪我の快方も向かっている。
昨日の整形外科の診察では、私の体力はトラムセット薬による治療(無理やり痛みを抑えて動く)で基礎代謝が1750あるので、
学生の野球選手ピッチャーレベルくらいらしいです。えぇえええええええ!と思うくらい驚きました。
体力は二十歳前後あるということは、まだまだいけるな!!って勘違いしてみたりW

基本的な体力は戻っているし、首の痛みも多少残るけど、もう少しリハビリワークや調整をすれば
余計な力が入らなくなって、痛みが出にくくなって薬も減らせるだろうとの事。
足に関してはトップアスリート並みだし、地域おこしで農業もやっていけると思うと言われた事が
凄くうれしかった。後は事故前の70キロ前後の体重に調整していけば全てが準備万端になる!

闘病生活は、治らない病気があったら、
①いかにしてその病気と前向きに付き合っていくか?
②やれることは、全て試し、最善を尽くす事で何かをつかみ取ることができる
そういう経験をした39カ月でした。

現在週20時間のリハビリワークをやり、出席率は50%。もう少し調整は必要だが
完全回復まであともう少し!ここで調子に乗らずに、しっかりと前を見て突き進むぞぉおおおおおお!!


[PR]
by kazu20160401 | 2016-04-28 11:49

b0363804_07393723.jpg
驚いた。このブログ開設は今年の4月1日から開設したばかりなのに、ブログランキング1位になりました。
これで過去の仕事していたある会社も少しは驚くのかもしれません。「勝って兜の緒を締める!」っていうと
きっと会社の人間は、あーあの侍!営業部長と思いだすことでしょう。私が少しだけ働いていた集客や告知に強い
会社です。あの当時は母親の介護と仕事の両立で、大変迷惑をかけてしまいました。しかし、その後もデザイン事務所の時も
会社へ伺ったりして、コラボレーション企画を提案しに伺った事があります。

その創業者は私よりも一つ下の年齢で、海外大学の主席で頭の回転が凄く早いです。
インターネット広告のスペシャリストです。
私が辞めてからも、フットサルコミュニティーで一緒に遊んだりしていました。
今頃何されているんだろう?いつ柏の葉に戻ってくるのかと待っていましたが
きっと、まだ小田原で生活しているのだと思います。

現在は隠居され、個人事業主として脳みそに汗をかいて稼ぐ力に秀でている方です。
私に提携パートナーの獲得を任された時、飛び込み営業は非効率だからなし。という条件で
1か月どれくらいとれるか頑張った事があります。
私のその時とった手法は、限られた時間の中で、提携パートナーを多く獲得するには、
①興味を持って頂く内容の企画を案内する。
②全国にメールでアプローチする。
③興味をもたれた方には提携の手続きを送る
④詳しく話を伺いたい方は会社に来て頂く。

こうすることで1カ月で54社獲得したことがあります。

このやり方は、地域おこしにも応用ができる気がしています。

現在創業者は隠居されておりますが、会社は、存在しております。その会社のサイトはこちらです。↓
http://www.seiloo.co.jp/

[PR]
by kazu20160401 | 2016-04-28 10:43

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by kazu20160401 | 2016-04-27 07:00 | 地域おこし協力隊


理解や信用をして頂くには、簡単でもないでしょうし、
まずは、認めてもらう事を第一と考えております。

キーワードは「この人なら・・・」「あの人なら・・・」「誰々さんの言うことなら」だと思います。
一人で分かってもらおうとするのは難しいと思いますが、協力隊の隊員が団結してやっていけば
理解や信用を得ることも増えていくと考えております。

私がこれからの時代は農業だというと大学卒業前に言った事があります。
未だに印象深い出来事です。ミカンを剛速球で後頭部に投げつけられたり、
あいつは悪い事を考えて、金儲けをしようと企んでいるというような考え方の人も中にはいます。
私は無宗教ですが、ある宗教の豆まきに参加したところ起きた事件です。
ヒントはふなっしーって入れると語弊があるかもしれないですが船橋です。


私の同級生は、大手のシステム会社へ就職していきましたが
私は、IT業界を封印し、コメの消費が落ちているところや農地を休ませてお金を国が支払っている
という点に着目して、米を使う職業は何か?そして寿司屋に入りました。

①寿司を自分で握れるようになるまで修行だと思い、寄り道をしました。
もちろん完全にITを捨てたわけではありません。
パソコン整備士協会の検定に合格したり、
②営業も必要だと思い商社で仕事をしました。
③ベンチャー企業を立ち上げから参加しました。
④今や家具の集客で強い会社の子会社で営業部長をやっていました。
⑤デザイン事務所でディレクターをやっていました。
⑥ノートパソコンの修理を工場でやりました。
⑧本当に食べるのに困る仕事もやりました。自走ドライバー、新築案内看板持ち
⑦デスクトップの新規組み立てをリーダーでやっていました。
⑧あるテレビメーカーの出張修理者になり、顧客満足度NO.1になり
月間CS賞、部長賞を連続で何度も獲得し、優秀賞やNPS賞(最優秀賞)を頂き、テレビを二連連続で獲得しました。


一般的には転職回数が多いと駄目だと言う人がおります。それは古いと私は思います。
逆に言えば、拘りを強くもって生きてきた証なのではと思います。嫌で辞めた仕事は一つもありません。
勇気を持って未経験の業界、職種に飛び込むわけですから、かなり冒険的かつ打たれ強さを学んでおります。
普通の方より好奇心が旺盛だと思います。

また、転職をすると一般的には、収入は下がっていくものだと言われておりますが
私に関しては、転職するたびに収入が上がっていく現象を味わいました。
意識していたことは、雇われる意識を捨てろってことと、稼ぐ為に働くんだという意識でした。

交通事故により全てを失いました。

しかしそうです。やる気と意識が向上すれば、良きメンターやコーチに出会う事になり、
会ったことによって良い機会が生まれ、私を主役や栄光の道に導いてくれる経験を何度もしました。
今回は、農業です。もちろん今までの経験が簡単に通用するとも思っていません。
所詮、私はやったことあるレベルは家庭菜園レベルだからです。


[PR]
by kazu20160401 | 2016-04-26 15:30 | 地域おこし協力隊

地域おこし協力隊の制度は、地方消滅危機から立ち向かう切り札のような気がします。
しかし、一部の地元の住人は、相手の情報だけ知ったところでお互いに解り合えないという
地域のブログを多々見かけます。良いアイディアだけもらって、教わって、
後は用済み的な感覚とか。そして活動する為の予算が自腹になっているところもあったり
思うようにやれず、諦める方やよそ者はやっぱりよそ者だけに出る杭は打たれる的な悲劇を綴る方
もおりました。もちろん上手にやっている人もいますし、そもそもブログ自体
下手な事を書けないと思う人も沢山いるのではないでしょうか?

解決策は「アサーション」だと教えてくれた人がいます。
はい、知らない方はアサーションで検索してみてください。

簡単に言えば相手も自分も大事にするという考え方である。
私は、人は皆人類共通だと考える大らかな心を持った村長を尊敬しています。

「アサーション」これは会社の人間関係や学校、夫婦間でも使えます。
もともとアメリカの80年代だったかに人種差別が大きく問題になった時の解決策手法でもあります。
それをも、覚悟し創造していけばある程度は防げるかと思っています。←予定調和ですw


協力隊員だからと言ってやりたい放題とか、思うようにやりきるという意思だけでは
解り合えないと予測しています。そもそも協力隊って便利やでしょ?とか
草刈りのお手伝いさんでしょ?とかイベントのお手伝いさん、広告のお手伝いさんという認識が強いんだと
ブログを読んでいて感じました。

主役は市民であるというが、地域おこし協力隊員こそが、覚悟を決めて住民票を移してよそ者市民の代表として業務を遂行するわけだから、
歓迎して頂けたら幸いである。同時に互いに協力し合い建設的に物事を進めるのがベストである。
なんか政治家っぽいなw

そもそも総務省の管轄する制度で各自治体が申請し、予算を税金で頂いているんですから
雇い主は国であり、自治体である。その自治体の指揮官の中で、与えられた業務は当たり前にこなして
お伺いをたてて稟議書を作って担当者へ通すなり、議会へ通すなりすれば、やらして頂けるように思う。

まずやってみて、これは可笑しいとか、これはこうするべき事案だと思ったら、曖昧にせず
相談と提案をすることは重要だと思います。

しっかりと段取りを踏んで進めていく必要があるからです。
きっと、おだてて下手に出過ぎもインパクトが無いし、上手に攻め続けるのも煙たがられるでしょう。
聞き上手&解らない事は尋ねるか、自分で調べるか、相談にのってもらうようなスタンスが
気に入られるチャンスなのかなと思います。仕事以外にもボランティア的な活動をする必要もあるでしょうし、
勉強の為の他地域との活動ミーティングなんて開こうと思ったら、きっと業務時間外か休みの日以外は許可も
くれないでしょう。ただし交流業務だと言えるだけの企画力と予算内であれば、やらして頂ける可能性もあると思います。

他地域とのコラボや企業とのコラボなんて考えると行政に認めてもらうのは時間がかかる気もしています。

まずは自分を知ってもらうことと、一つ一つの出会いを大切にしていくことが
将来の定住、定職に繋がると思っています。

次回は任命後の段取りについて書きたいと思います。
まだ応募もしてないけどねw



[PR]
by kazu20160401 | 2016-04-25 17:30 | 地域おこし協力隊

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by kazu20160401 | 2016-04-25 11:56 | 地域おこし協力隊

極端な話、これからの日本は、当たり前の様に食してきた、食事の内容も一変するかもしれません。
そんなんで未来の日本は良いのでしょうか?
私が農業だと言えば、都会の一部の人間は、「お前は馬鹿か?」とか「食えない」、「難しい」、「厳しい」、「やめとけ」とか言われても
それだけで納得してしまったら言い訳としか思えないです。

私はある大企業の社長だった方に会った事があり自宅訪問に何度か行きました。
その中でみんな一生懸命働いて最終的には田舎暮らしに憧れているんだと。その方は千葉の勝浦近くに住んでいます。
その時に学んだ事として田舎暮らしに憧れて、平日は都内のマンション生活、休日は田舎暮らしといった
二地域住宅生活をしている人を素晴らしいし、羨ましいと思いました。

まだ私自身、農業従事も地域おこし協力隊従事もしていないので偉そうなことは余り言えませんが
これまでに調べたり感じた事は、農業の大半は家業としており、家族が継ぐかといえば
継がない人間が多く、兼業農家でも生活が難しい事態に直面しているということです。
一部若者が農業をやっているところも少しずつ増えてきましたが
まだまだ足りているとは思えません。農業従事者が高齢化しており
離農の原因として
①農機の維持費が大変で先行き不安で離農を考える人
②農業の後継ぎがいなくて離農する人
③農業を教えたいが部外者には教えたくないとか抵抗があるという人
④農協が間に入ってなら協力をしても良いという人
さまざまいる。

ここで「うん、うん」と思った人・・・きっといますよね?

ともかく食料自給率や農業問題もそうですが、人口減少問題については、未来の日本人にバトンを渡す時、
これ以上辛い思いはさせたくないといった強い意志があります。団塊世代が引退し、
団塊ジュニアが、日本を引っ張っていかねばならないと思います。
その代表格が地域おこし協力隊であり、大きな鍵となる事は、間違いないと思います。

農作物のブランド化で輸出でTPP問題も突破!そんな気がするのは私だけでしょうか?

主役は俺らである。僕らである。私たちである。これが私の決意です。


[PR]
by kazu20160401 | 2016-04-24 13:01 | 地域おこし協力隊

昭和・平成の大合併から地方消滅へと囁かれている日本は
緊急事態と言っても過言ではないと思う。マイナス金利やマイナス成長・・・
数式で言えば○-(-○)=カッコが取れてプラスになり◎になるかもしれませんが、
地方は衰退というレベルは通り越して、消滅に向かって確実に進んでいる。
市町村が次々と日本地図から消えていくかもしれない。

それで困るのは誰でしょうか?都市部に住んでいる人も
他人ごとではなくなる日がいつかやってくるかもしれないと私は思います。
国産品がなくなって困るのは誰でしょうか?

特に北海道に関しては、これから地方創生の中でも一番注目していかなければ
いけないと思います。破綻した夕張市の現在の市長を私は尊敬しています。
バックに石原さんが応援しているのも凄いですが、一人一人挨拶回りに行った内容の書かれた本は
感動致しました。諦めずに立ち上がる。
特にやるか?やらないか?やらない理由が見当たらないという言葉好きです。

その作り手や生活する人がいなくなれば、ますます輸入に頼らざる得ないと思います。
北海道は農産物、畜産物で数々の日本一の生産量を誇っている。しかし、奥山から里山へ降りてきて
農産物被害でも日本一である。荒らす原因は人間の生活領域に動物が入ってきたからである。里山という中間的な生活領域が減っており
イノシシやシカが食い荒らし、ハンターの人数も減っているそうです。機会があれば私もハンターをやってみたいです。
逆に言えば里山を再生すれば降りずらくなる。そういった意味で集落などの地域おこしも重要になっていると
思います。



[PR]
by kazu20160401 | 2016-04-24 12:00

ありのまま前へ突き進め! やるぞ!地域おこし協力隊! 田舎暮らしの定住定職を目指して… インスタグラムはこちら⇒ https://www.instagram.com/kazu20160507 です。