私は今から3年半以上も前に交通事故に遭ってしまい、それによりハンデ戦となった。

日本一に輝いた修理者から突き落とされ、
指輪、結婚式、新婚旅行はお預けのまま。
リハビリ中に所属している会社は
西日本は全面撤退。東日本も徐々に規模縮小。私が所属していた事務所まで閉鎖。仕事が激減していく。職場からも情報が途絶え何もすることができなかった。

私は、ひたすら運動療法とリハビリ、治療に専念した。
自費で何百万使ったか解らんほどである。それだけ復帰に命をかけた。
人は、それを可哀想だとか、運が悪かったねとか大変だね・・・人それぞれ思うことがあるだろう。

私自身、非常に悔しい思いをした。死にたくなるほどの悔しさだ。

その悔しさとパラリンピック森下友紀選手との出会いで、私は別の力を手に入れた。

足が片足でレッグプレスが200キロ上がる化け物呼ばわれされる力。困難に打ち勝ち、果敢に挑む精神。


ただ世間はどうだろう?正直にありのまま伝えれば、

誰も扱ってくれない。「完治してないでしょ?薬飲んでるでしょ?痺れてるから厳しいね。手の使い過ぎだ。無理しすぎ・・・。」


それは、私に死ねばと言っているようなものである。

なぜだ?なぜなんだ?どうして俺が?どん底を味わないといけないんだ?使命?運命?苦しみをいつまで味わえばいいのだ?

早く子育てステージへ向かいたい。時間があまりない。

真面目にやっているのに馬鹿を見ている。

担い手体験実習という名の農作業員で当てにされるだけの兵隊の刑

しかし、見捨てる人々もいれば、見守ってくる人もいる。

救いの生きる仏様も存在している。

私は怪我の功名によって、大志を抱くようになった。

滅私奉公の精神が宿った。

先祖様や仏様の力や智慧が舞い降りてきた。

メンターやコーチが現れた。まだ足りない。

勢いと全力で取り組む姿勢に磨きがかかった。

地域おこし協力隊を志すようになった。

田舎暮らしを夢見るようになった。

日本の農業を支えたくなった。

農業従事したくなった。

第一次産業から二次、三次へと六次化のビジネスをやりたくなった。

日本版DMOにも興味を持つようになった。

自分自身でさえ、俺どうしたんだろう?と思うくらい

凄い変わりようである。

本気の移住を考えた。定住するためには何をすればいいのか?

チャンレンジする一番の方法は地域おこし協力隊である。

今年は三戦三敗した。酷い目にもあった。会社を辞めてまでも、千葉から北海道へフェリーで車まで持っていき、農業体験実習の参加と、なんちゃって地域おこし協力隊をした。

現場を知るために、現役隊員に直接何人か会った。隊員とコラボして南富良野町泥はねボランティア活動をした。現役隊員や役場の担当者と会って情報を収集した。まだ全然足りない。様々な農政課に行っては、情報を伺った。しかし、少しずつ見えてきた真実、見えてきた課題、進むべき方向性・・・

富良野に50日以上滞在中であるが、あっという間である。

チャンスが訪れた。まさか募集するとは思わなかった所に募集がかかった。このチャンスを見逃すわけにはいかない。

今の私の経験を武器に、正々堂々と挑もうではないか。

参加して駄目ならそれでもいい。原因も全て悟ったつもりだ。

それでも信じたい・・・私を必要としてくれる地を。

諦めたくないのだ。私が地方で生き残るチャンスを。

移住・定住の機会を。私が田舎暮らしで幸せを手に入れる機会を。

地域活性や地方創生に本気に挑む権利を。

本気の地域おこし協力隊を。本気でよそ者と住民が解り合って

建設的に築き上げる未来を。そんなに簡単じゃないことくらい

今の体験で十分すぎるほど承知している。

やるか?やらないか?やらない理由が見当たらない。

誰もが羨ましがり、交流人口が促進され、人口増加に少しでも

貢献できる町の修理者としての居場所を。まだまだ私は

努力が足りていない。もっと苦労や努力をすべきだと感じている。

年齢も38歳と若くない。20代の若い子には負ける。

しかし、味わってきた人生の様々な経験では若い子に負ける気など

しない。そもそも勝ち負けではない。次世代開拓民担い手隊としての志は、そんなものではない。

そして今できる様々な取り組みをしている中で

こんな私でも受け入れてくれると信じています。

その自治体の名は・・・北海道の旭川市!!

私の義理の叔父叔母さんがいる。そして義母の故郷。

もう一度・・・もう一度・・・地域おこし(町の修理者)として私が日本一に輝く景色を見させてください。小さい後遺症など、大したことではありません。首は曲がりましたけど、手足動きます。頭も働きます。話せます。見られます。

北落合での農業兵隊も1ヵ月間出来たので、本当の復帰として判断しても悪くない状況です。ハーベスター(収穫機)に一人で大根1万本のコンテナへトレースの刑を受けただけなのです。誰だって壊れると思いますよ。2,3人でやる作業を一人でやらされ、スピードも速く、もう一人のSのこうちゃんは、見ているだけだったのだからWそれでも私はやりきりましたよ。手は馬鹿になりましたけど、痺れが取れるのも、もう少しで良くなってくると思います。

怪我や交通事故や農業事故で苦しんでいる多くの人々の希望になれるように、団塊ジュニア世代のスーパースターになれるように頑張りたいのです。

どうか、どうか!私に清き一票を宜しくお願い致します。



[PR]
by kazu20160401 | 2016-09-20 09:24 | 地域おこし協力隊

先月不法侵入事件を受けた私・・・部屋を間違えた嘘を認め謝罪した容疑者S・・・

穏便に許し、今では、笑いが出るほど、話しているW

これもまた凄い奇跡だと思いませんか?

被害者の私と容疑者のSが普通に挨拶を交わし、ちょいちょい話をしているW

彼は結構面白いやつで、玉ねぎの工場へ働きに行く。意気込みは、会社から休めと言われるまでは、年中無休で働くという心構えが気に入ったW

だったら部屋入る時、不法侵入じゃなくて堂々とノックして入れば事件は起きなかったのにねW

そして彼には兄弟がいるのだが、これまた偶然にも私と同じ双子W

そして兄らしい。一卵性じゃないと思ったら、一卵性だったW、弟の寮部屋まで掃除をしているから

しっかり者である。←じゃなんで不法侵入W

富良野の寮生活でなんと両隣とも・・・要するに三部屋とも双子なり、三つ子って凄い確立で奇跡でしかないW

ちなみに愛媛県のみかん工場の方が先日、この寮にリクルートにやってきたW

私が生まれたのは愛媛県松山市なので、愛着というか話をしたW

真穴柑橘共同選果部会という農協の副共選長をやっておられる

井上さんと話していたのだが、その奥様も双子W

ここまで偶然って重なるものなのか?

それとも偶然ではなく、必然だったのか?

どうなっているんだろうW

ちなみに愛媛県の真穴(まあな)のみかんは、日本一と言っても

過言ではないみかんである。皆さんは食べたことありますか?

1KG350円前後だから店頭では700円から1000円以上もある

確かにネットで5キロ4980円送料無料なんて存在するから

超高級品のみかんである。糖度は他と比べ物にならんかもW


[PR]
by kazu20160401 | 2016-09-17 08:47 | 地域おこし協力隊

気にせずに次へ行ってみよう!という気には、やっぱりならない。北海道虻田郡喜茂別町の地域おこし協力隊の募集かつ不適切対応は罪深い。
北海道庁が詫びのメールと不適切だと認めているのに、当の町は何も感じていないのである。北海道が大嫌いになったが
地域おこし協力隊になることを諦めたわけではない。むしろ闘志に火が付いたよ

b0363804_15570601.jpg



貴方のとった対応で地域おこし協力隊を俺は絶対に諦めない!!
諦めてたまるかぁああああああああああああ!!

b0363804_15581791.jpg


牙突(がとつ)!!

かつて東の三井、西の小野の時代の近江商人の遺言の名のもとにかけ
その血が流れている私は絶対に諦めてはいけないんだ!

もう一度、母方先祖の南禅寺に眠る墓と京都東本願寺 大谷祖廟の内墓に眠る墓に参り、父方先祖が眠る愛知県へ先祖供養して、
親孝行を再度見直して行い、先祖の力と現代の力を合わせてからいざ参る!!
地域おこし協力隊として活躍できる場所を求めて。


[PR]
by kazu20160401 | 2016-06-09 16:24 | 地域おこし協力隊

なぜこんな事をしているかって?

私は、地域おこし協力隊になろうと志している者です。

地域おこし協力隊になって、その町へ定住定職し、六次産業化へ貢献し、農業従事しながら農業経営者に
なろうと考えている者です。そして豊かな町、田舎暮らしで子供を授かる事を願い、のびのびと生きて行く。
そう妻と二人で目指している者です。

そのきっかけが仕事です。
私が日本一の修理者となって安泰したのは僅かのこと…一つの事故(ブレーキとアクセルを間違えられて正面衝突され)により
数々の災難を乗り越えて逞しく成長するも、時間がかかりすぎて修理者復帰が叶わないと解り(先輩や同僚、後輩などの退職や仕事の量の激減により事務所閉鎖)生きる気力も失いかけたその時!地域おこし協力隊の存在を知った。

現在、北海道へ4月から応募し、落選したのは2つ。力試しで受けた妹背牛町と江別市、

今回54自治体から最終的に絞り込んで本気と全力で挑んだ北海道虻田郡喜茂別町である。

そして北海道へ移住を本気で考えている私は、視察を兼ねて二度目の北海道へ行った。
皮肉にも私たちが喜茂別町へ滞在している最中に速達で選考通知結果を送ったようで
北海道視察から帰ってきた時にポストに入っていた。実にタイミングの悪い出来事である。

妻も再度怒ってしまった。北海道虻田郡喜茂別町の皆さん、可哀そう。
町の採用担当者のいい加減な対応と募集をしているだけで、
「きもいべつ」「ださべつ」「うざべつ」に変更だそうです。

100周年を迎える町なのに、レッテル貼られても
何も感じないんでしょうね。きっと。
私は、今回の喜茂別町の対応で、北海道が大嫌いになりました。
アスパラガスとかきのこ汁とかみるとフラッシュバックして気分が悪くなります。
しばらくは、視察の内容もアップする気にはなりませんね。

内容も酷すぎた。苦しすぎるし、ご理解下さい。って理解できるわけない。道庁が詫びて指導もされたのに
相変わらず何の変更せず募集し、謝罪もなく、理由もなく厳正な審査だって???意味が解らないね。
厳正なという言葉を使ってもらいたくもない。不正だらけだよ募集要項が!!

他の53自治体が
受けられなくなるような誓約書なんて書かせるなよ!落とすくらいならさ。理不尽すぎる!

情けない…そんな町を見抜けなかった私が。

皆さん気をつけてください。
女性希望とか、明確な理由なく募集している自治体や応募書類の時から誓約書だとか修了証書のコピー提出とか再募集しているにも関わらず、
前回の内容を消して更新し、あたかも新規で募集しているような町には。

どいつもこいつも!都合の悪い事は隠しているんです!!
例1:とある農業担い手センター系コーディネーターと就業先農家のある一言 お前たちは所詮作業員だ!私がもし言われたらマジ切れだけじゃ済まないかも。
例2:地域おこし協力隊 北海道虻田郡喜茂別町 良い事を書いて、不都合な事は一切答えない。
例3:地域おこし協力隊 北海道虻田郡喜茂別町 自分たちに都合のよい事だけでを主張している。
例4:地域おこし協力隊 北海道虻田郡喜茂別町 北海道庁に厳しく?ゆるく?指導されたにもかかわらず、何も変化しない。迅速にも対応しない。怠慢な態度。
例5・・・・きりがありません。
こんな現実が都知事のように、説明責任できないまま良しとして通って良いのでしょうか?

最後に2016年開町100周年の気持ちいい喜茂別町だと思った町が不適切対応により

気持ち悪い喜茂別町地域おこし協力隊不適切募集事件を北海道庁の見解とお詫びのメール&
選考通知の写真をアップします。

これが北海道庁へ苦情を入れた後の見解と詫びのメールである。

b0363804_15455013.jpg



一方、問題の喜茂別町は何の連絡もなく、不採用の通知

b0363804_15492650.jpg

私が今回の視察で直接あった人の声は、んな変な町に行かなくても活躍の場所はいくらでもあるから大丈夫だよと笑顔で言ってくれた道民様に非常に癒されました。

これが真実ですよ。町の選考員さんたち。抗議して道庁が不適切だと認め、指導が入ったにも関わらず
変わらぬ町には相手にもしたくないですが心の奥にとどめておいて下さい。言っても訳のわからぬ奴は!
勝手にして下さい。私は許さないとだけ言っておきます
[PR]
by kazu20160401 | 2016-06-09 16:17 | 地域おこし協力隊

お久しぶりです。少しトラブルがあったものの無事に帰ってきました。どっからお伝えしようか迷うところですが…まず簡単に概要として記します。
まず、新千歳空港から義理の兄の車で色々案内して頂いた事に感謝します。

初日は新千歳から白老、登別、室蘭、伊達、豊浦、長万部、八雲、大沼公園ルートを通り、町並みを拝見し、メインは函館の五稜郭と函館奉行所をじっくりと視察しました。

二日目は、函館朝市、函館山をじっくりと見学したのち、洞爺湖、留寿都、喜茂別、中山峠、札幌を休憩しながら回りました。

三日目は、北広島の二つエリアと、実は私が最初に地域おこし協力隊として志そうと思った町、長沼町を視察し、

最後は千歳市の道の駅を拝見しました。かなり広範囲で紹介場所が多いのでコツコツとアップしたいと思います。




[PR]
by kazu20160401 | 2016-06-09 14:28 | 地域おこし協力隊

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by kazu20160401 | 2016-05-25 07:07 | 地域おこし協力隊

選考結果は

最近の10代ファッションは双子コーデが流行っているらしいが、私はズバリ!一卵性双生児、生粋の双子です。8分先に産まれた私は長男で入籍後に翌年交通事故にあって結婚式も新婚旅行も指輪もまだです。一方、弟は独身です。もしも双子で地域おこし協力隊やったらインパクトあるのか?と言えばやり方次第で話題性はあるかもしれません。昨日は五月上旬の最終日だったので、地域おこし協力隊の一次審査の結果が全員通知される日でしたが、夜になっても不明なままだった。担当者へ連絡すると、応募者多数により、まだ選考中とのこと。封書もしくは電話で連絡するとのこと。今回は二次審査の日程部分に有給を取ったので準備に余裕がある。ただ、今回は本命エリアなので落とされるわけには…万が一落とすと戦略変更の一大決心をしている。北海道を拠点とした地域おこし協力隊とは別に本州、四国、中国、九州などエリア拡大も含めた全国自治体への応募を開始します。さて結果はいかに!!
[PR]
by kazu20160401 | 2016-05-11 08:00 | 地域おこし協力隊

強化トレーニング

どんなことをするのにも身体は資本であり、健康維持こそが生命活動の基本である。交通事故を受けた私は特に強化トレーニングに関して重視しています。農業男子的にも地域おこし協力隊的にも未来の為にも必須である。運動療法でジムトレーニングとストレッチ、交代浴、ホグレルをやっています。足の力は200kg以上、握力は左右50kg、腕の力と腹筋は65kgと一般の人よりは鍛えている。地域おこし協力隊活動後に農業経営者を目指す私にとって、年間5000時間労働に耐える身体作りは絶対条件である。年間5000時間とは、15時間労働を333日やり、月28日労働である。生産にかける時間は3割、残りは営業活動に費やすだろう。それを5年間やれば一般的な社会活動の2倍、質は8倍を意識して資本金2000から4000万円の起業は、できるようなイメージはできています。農業で10億円売上規模が作っていくには、一人では不可能。農業法人を設立させて力強く営業するのが重要である。現在のイメージでは、食プロ.によるブランド化と六次産業化+GAP認証取得により、輸出強化で未来の農業は儲かる農業へと変わるだろうと思っています。むしろ人気職に農業法人が入ってくるように楽しくやっていきたいと考えています。最先端農業でガッチリ!皆さんはどんなイメージで働こうと考えていますか?
[PR]
by kazu20160401 | 2016-05-06 10:24 | 農業経営者

4月を振り返る

私の移住計画は少しずつ順調に進んでいる。4月を振り返ると、地域おこし協力隊の候補地の絞り込みと
書類応募を二地域に送った。まだ力試し的なところもあるが、移住計画全般の中では、私的にまずまずのスタートである。
面談になるのか?面談後採用になるのか?それは解らないが、経験を積む意味で熱意を込めた書類は、それなりの達成感がある。

移住計画では、定住定職が第一目標であり、二地域住宅生活が第二目標である。
つまり、普通の成功だけでは、辿り着けない領域であり、壮大な計画である。
単純に家賃は二倍かかるし、生活用品も二倍かかる。
これは非常に無駄かもしれないが、万が一の震災や災害等を
遭ってしまった時は、困り果てることもないし、震災関連死というのも避けられるはずだ。

また北海道ならではの雪のシーズンを考えると、
住む場所にもよるが、積雪7~8メートルクラスの場所での生活は
未体験であり、イメージ的には厳しい冬で、どうやって生活していくか?を考えたとき
二地域の方が無難だと思っています。

例えば、花粉症が非常に酷い人で、シーズンになると沖縄で暮らすとか
猛暑や酷暑の時に避暑地に行って生活する。そんな感じの計画です。

それもこれも、実際に地域おこし協力隊になって1~3年間やっていく中で
また別の考えも浮かぶかもしれない。

北海道に義理の家族がおりますが、北海道は仕事が少ないし、農業で食べていくのは
難しいし、厳しいと思うよとアドバイスを受けました。
確かに、最初は土地も持っていないし、お金も沢山は持っていないし、農業生産計画も未経験だから
習いながらの生活を想像すると、相当厳しいかもしれない。

だからこそ、地域おこし協力隊を活用するのが一番だと思う。
定住定職を目指しつつ、臨時職員として働きながら最長3年間は挑戦することができる。
この制度は素晴らしいものである。

[PR]
by kazu20160401 | 2016-05-02 07:14 | 移住

b0363804_07393723.jpg
驚いた。このブログ開設は今年の4月1日から開設したばかりなのに、ブログランキング1位になりました。
これで過去の仕事していたある会社も少しは驚くのかもしれません。「勝って兜の緒を締める!」っていうと
きっと会社の人間は、あーあの侍!営業部長と思いだすことでしょう。私が少しだけ働いていた集客や告知に強い
会社です。あの当時は母親の介護と仕事の両立で、大変迷惑をかけてしまいました。しかし、その後もデザイン事務所の時も
会社へ伺ったりして、コラボレーション企画を提案しに伺った事があります。

その創業者は私よりも一つ下の年齢で、海外大学の主席で頭の回転が凄く早いです。
インターネット広告のスペシャリストです。
私が辞めてからも、フットサルコミュニティーで一緒に遊んだりしていました。
今頃何されているんだろう?いつ柏の葉に戻ってくるのかと待っていましたが
きっと、まだ小田原で生活しているのだと思います。

現在は隠居され、個人事業主として脳みそに汗をかいて稼ぐ力に秀でている方です。
私に提携パートナーの獲得を任された時、飛び込み営業は非効率だからなし。という条件で
1か月どれくらいとれるか頑張った事があります。
私のその時とった手法は、限られた時間の中で、提携パートナーを多く獲得するには、
①興味を持って頂く内容の企画を案内する。
②全国にメールでアプローチする。
③興味をもたれた方には提携の手続きを送る
④詳しく話を伺いたい方は会社に来て頂く。

こうすることで1カ月で54社獲得したことがあります。

このやり方は、地域おこしにも応用ができる気がしています。

現在創業者は隠居されておりますが、会社は、存在しております。その会社のサイトはこちらです。↓
http://www.seiloo.co.jp/

[PR]
by kazu20160401 | 2016-04-28 10:43

ありのまま前へ突き進め! やるぞ!地域おこし協力隊! 田舎暮らしの定住定職を目指して… インスタグラムはこちら⇒ https://www.instagram.com/kazu20160507 です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31